menu
contactお問い合わせ

デザインを
依頼する前に

デザイナーをお探し中の方へ。個性を表現し世の中で多くの人に知られ、選ばれるように、見た目や印象が良いものから探し始めることが多いでしょう。しかし、ビジネスのコアの顧客(ファン)になる人の目に留まるには、伝える「手段」にこだわる前に、伝える「中身」の構築により重きを置くことがカギになります。

Brand before design

新規事業の起業、カフェの立ち上げ、新商品のリリース、創業から数年が経った会社でも、デザインの力を借りたいシチュエーションは様々です。

そのシチュエーションの共通点は、アートと違い、デザインが最終的に人の行動を起こす重要な役割があるということです。行動を起こすためには形も(デザイン)中身も(ブランド)両方を考えなければいけません。

ブランドDNAは
できていますか?

一度、デザインを必要とした理由について考えてみましょう。必ず見た目以外の課題を前にしてデザインの力を追求されているはずです。デザインは「伝える」手段なので、裏にある、「伝わる」ことの本質をハッキリさせる必要があります。

まずは選ばれるために
ブランドDNAは最も相性の良い顧客があなたのブランド(会社・商品・お店・事業)を選び、そして選び続けるようにデザインをする前に意図的に構築するあり方のプランです。存在する意味、理想の顧客、提供する独自の価値を明確化、そして言語化するものです。「私たちのサービスやアイディアが優れているからそれがなくても大丈夫」「お客さんにぴったりなものだから大丈夫」「質が良いから大丈夫」などと考えるかもしれません。しかし、その良い質や優れたサービスは選ばれるように世間には十分伝わっていますか?

選択肢が溢れている中で人は数秒以内に判断をして物を選びます。優れていたとしても、その数秒以内に人に伝わらなければ、優れていないブランドとの差に気づいてもらえないでしょう

長期の戦い
「デザインが良い」という条件を満たしているブランドは今ならたくさん存在しています。人の選ぶ能力も進化しています。格好以上の要素を求めて選択する時代になってきました。その中でどう勝負すれば有利でしょうか?判断基準として商品、サービス、機能の裏側にある「ブランド」への共感がとても重要になってきます。ブランドとはある会社、商品、事業、お店などに対する外から見た印象です。ブランドは背景、ストーリー、こだわり、価値観、目的、目標が中心にあり、すべての発言、行動、表現、あらゆる体験からそれらが伝わり、その印象で一人一人の選ぶ基準となります。デザインで表を綺麗にしても、中身との共感を求めている人には物足りず広がる領域は限られ、長期戦には苦労するでしょう。ブランドの中身が十分に相応しく伝わり、出会う人が共感して長く選び続けるために、ブランドDNAの構築から始めると良いです。


ブランドDNAを基盤としたデザインの効果
認知度が高まると共に、長く選ばれ続ける
差別化がしやすい
ブランドの本質が伝わりやすい
デザインの方向性と本質がズレにくい
ターゲット(コアの顧客・ファン)に気づかれやすい
ビジネスとして進むべき道、選ぶべき選択肢がハッキリになる
独自の存在感があらゆる場面や媒体で伝わりやすい
本質に相応しい、統一性のある世界観が作れる
デザインでストーリーが伝えやすい

ブランドDNAチェックリスト

  • 事業・会社の存在すべき理由を一言で言えますか?
  • ターゲットは「みんな」や「誰でも」よりも具体的ですか?
  • 最も選ばれやすい人物像をよく知っていますか?
  • ターゲットに選ばれるべき理由を知っていますか?
  • 特有の価値は十分に理解されていますか?
  • メッセージは全ての媒体で一致していますか?
  • ビジュアルの印象は統一されていますか?
この項目にチェックをつけられない、もしくは躊躇をしたら、ブランドDNAを構築するメリットが大きいかもしれません。

ブランドDNA
の作り方

brand dna workshop

ブランドDNA構築はワークショップ形式で提供しています。

ヒアリングやアンケートよりも本質にたどり着きやすくし、新たな発見もあるように一緒に語りながらワークショップ形式で作っていきます。フォーマットを辿りながら、回答していき、最終的にはいつでも参考できる一つにまとめた書類でお渡しします。

ブランドの強い基盤作りに必要ないくつかの視点から作っていきます。
workshop content

01ブランドコア

01

何を伝えるか / 本質を明確に
根っこをハッキリさせることで歩むべき道がより明確になってきます。世の中への伝える前に、しっかりした基盤を踏み場にできるよう、ブランドの核となる要素を整理し言葉にしていきます。
details
ブランド目的
ブランドビジョン
ブランド価値観
ブランドゴール

02ブランドファン

02

誰にアピールするか / コアの顧客をを理解する
あなたのブランドを必要としている人が必ずどこかにいて、その存在はブランドの持続に不可欠です。この大切な関係性が成立するようにこの人物を特定し深く調べていきます。
details
カスタマージャーニー
ターゲット指定
ペルソナ作成

03ブランドメッセージ

03

どう伝えるか / 約束を決める
あなたのブランドをまだ見つけていない顧客、期待して見ている顧客に響く、もっともらしい、一貫性のあるストーリーと約束を見出します。
details
ブランド人格
ブランドボイス
特有の提供価値

04

あなたにしかない価値
ターゲットの
痛点
ブランドの
強み

特有の提供価値
ターゲットに選ばれる理由

提供する機能やサービス、伝えたいことが多くあると何を売りポイントに、何をメインに語っていくかに迷いやすいです。ターゲットの痛点や不満を視野に入れて比較すれば、どの強みを強調すべきかが見えやすくなります。この比較の仕方を利用し特有の提供価値を指摘します。

05

あなたにしか提供できない価値
For Who:
一番必要とされる「○○」の人たちに...
How:
ユニークで「○○」な...
What:
「サービス、商品、体験」を提供し...
Why:
「○○」を解決します・を変えます
分かりやすい約束に必要な4つの要素で言葉にします。世の中に価値が伝わりやすく、デザインを含め全ての媒体で統一性が保てて、選ばれる理由をはっきりします。

完成したブランドDNAをいつでも立ち返り、共有できるようにPDFや冊子にまとめた状態にし提供します

目標は「印象を残す」ことから選ばれる印象を残すことにしましょう

裏にあるブランドDNAがハッキリ伝わる
デザインは探している人に見つかりすく選ばれやすいです。こうやって未来のファンに繋がっていくブランドになれます。

ブランドDNA
に基づいた
デザインに展開

ご相談から始めましょう

project flow

お問い合わせ
初回打ち合わせ
見積もり
ブランドDNA 構築
デザイン開発
ブランド維持ガイドライン作成
ブランドアフターサポート
変化への第一歩は
出逢いから始まる
"デザイナーのケニーについて
もっと知りたい"
"お問い合せする前に
質問がまだある"