問い合わせ
らしさをことばに
伝えるを楽に
届けるを最大限に
独自の存在感を世界に繋げる
ブランドデザイン
01 : Branding
01 ブランディング
伝える存在のあり方
整理定義する
選ばれる理由がはっきりし、一瞬でブランドのターゲットに伝わるようにビジネスの根っこを整理し、本質を掘り出し、効果的なあり方を構築します。ワークショップ形式で一番理想な顧客にとっての特有の価値が明確になるように下記の内容を一緒にディスカッションをしながら言語化します。形を作る前に、伝える中身を整理し言語化するプロセス。ブランドの本質と将来像を吟味しどの媒体でも顧客対象に響くあり方のベースを構築する
view process
ブランドコア・何のために存在するか
ブランドのファン・誰のための存在するか
ブランドメッセージ・存在をどう伝えるか
ブランド価値・選ばれる理由は何か
02 : Visual Identity (vi) Design
02 グラフィックデザイン
存在の伝わりやすい
を作る
お客さんが目にし、手にする物は全て価値を伝える機会です。顧客に行動を起こす枠やりがあります。構築したブランド戦略の内容を利用し、ブランドの価値が最も伝わりやすい形と場面を相談しながらデザインしていきます。ブランドに相応しい形が出来上がるように方向性を測り、ブランドに合っていることを確かめながら進みます。ブランドのDNAを一貫した世界観への可視化。顧客との接触をファン作りの機会に変えるデザインツールを開発する
view work
ロゴデザイン
パッケージデザイン
ショップカード・名刺
リーフレット
POP・サイネージ
フライヤー・ポスター
close

Matcha heaven

BRANDING / VI / LOGO / PACKAGING / POP

プロジェクト詳細

ATARASHII HIMONO

BRANDING / VI / LOGO / PACKAGING / POP

プロジェクト詳細

Nomuco

BRANDING / VI / LOGO / shop card

プロジェクト詳細

the omochi

BRANDING / VI / LOGO / PACKAGING / flyer

プロジェクト詳細

seibun bunseki branding

VI / LOGO / website

プロジェクト詳細

share style bbq

branding / VI / LOGO / illustration

プロジェクト詳細

Branding Process

愛着を生むブランド体験を作るためのプロセスがあります。
ビジネスとお客さんが繋がることにフォーカスしたプロセスを用いています。最もらしく、最もお客さんに響くコミュニケーションができるようにプロジェクトの初めにブランディングの基盤を構築してスタートさせていただいています。
01

Brand DNA

語るメッセージを明確化
ワークショップを通して、ビジネスの目標、存在の意味、価値観、ターゲットの人物像、今後の目標、描いている将来像などを掘り出し、明確にしていきます。その要素を簡潔に言語化しつつ、もっとも効果的で相応しいコミュニケーションを明確にします。全ての表現(視覚的、言語的、体験的)が本質を正確に表しているか、ターゲットに適切であるか、簡潔で分かりやすいかを図るツールになります。
02

Visual Direction

方向性を比較して絞り込む
感性はもちろん大切だが、なんとなくだけでブランドの基盤を作るのは危険です。本当に歩んでいくべき方向と合っているかどうかが計りにくい。計ることで根拠を元に自信を持ってブランドイメージを建てていけます。

ブランドの世界観を確かめておくために、手を入れすぎる前に簡易的なやり方で本質に合う方向性をいくつか資料を見ながら比較します。書体、色合い、レイアウト、表現の仕方、全体のデザインスタイルを見て、ブランドDNAで掘り出した本質、ターゲット、目標と照らし合わせながら、相応しい方向かどうかをディスカッションしながら比較します。
03

Design Development

独自の表現を創り込む
他と差を付けるのに、語るメッセージがユニークで明確であるべきとともに、そのメッセージを視覚的に表現する必要があります。あなたのブランドのメッセージを伝えるのに、独自の世界観を丁寧に造り込むことがカギになります。ターゲットに響く、共感できる表現の仕方を探り肉付けしていきます。

ディファレンス(違い)はディテールにあると信じています。それっぽいもの、ありきたりな伝え方に頼らずに、ディテールにこだわり、唯一無二のメッセージが感覚的にも伝わるデザインを目指してデザインの工程を行います。
04

Application & Follow

伝え続けれるためのツール作り
ロゴやパッケージ、メインビジュアルができた後、お客さんがブランドと接触する場面がまだまだたくさんあります。あらゆる場面で作り上げた世界観とメッセージが一貫していることを保証することが認知、覚えやすさと信頼に繋がります。

一貫性を保つのに、部分的にではなく、予め全体を考えることがポイント。早い段階からメインビジュアル以外のデザイン物も話に加えることでこれを達成できます。

プロジェクト後に、デザインを扱う人が多数人の場合は、その時にイメージとズレないようにブランドDNAとスタイルを参考できるブランドブックもしくはガイドラインをプロジェクトが終わったタイミングで用意することをお勧めします。これがあればブランドメッセージをズレなく伝えられ続けられます。

Branding Process

愛着を生むブランド体験を作るためのプロセスがあります。
ビジネスとお客さんが繋がることにフォーカスしたプロセスを用いています。最もらしく、最もお客さんに響くコミュニケーションができるようにプロジェクトの初めにブランディングの基盤を構築してスタートさせていただいています。
01

Brand DNA

語るメッセージを明確化
ワークショップを通して、ビジネスの目標、存在の意味、価値観、ターゲットの人物像、今後の目標、描いている将来像などを掘り出し、明確にしていきます。その要素を簡潔に言語化しつつ、もっとも効果的で相応しいコミュニケーションを明確にします。全ての表現(視覚的、言語的、体験的)が本質を正確に表しているか、ターゲットに適切であるか、簡潔で分かりやすいかを図るツールになります。
02

Visual Direction

方向性を比較して絞り込む
感性はもちろん大切だが、なんとなくだけでブランドの基盤を作るのは危険です。本当に歩んでいくべき方向と合っているかどうかが計りにくい。計ることで根拠を元に自信を持ってブランドイメージを建てていけます。

ブランドの世界観を確かめておくために、手を入れすぎる前に簡易的なやり方で本質に合う方向性をいくつか資料を見ながら比較します。書体、色合い、レイアウト、表現の仕方、全体のデザインスタイルを見て、ブランドDNAで掘り出した本質、ターゲット、目標と照らし合わせながら、相応しい方向かどうかをディスカッションしながら比較します。
03

Design Development

独自の表現を創り込む
他と差を付けるのに、語るメッセージがユニークで明確であるべきとともに、そのメッセージを視覚的に表現する必要があります。あなたのブランドのメッセージを伝えるのに、独自の世界観を丁寧に造り込むことがカギになります。ターゲットに響く、共感できる表現の仕方を探り肉付けしていきます。

ディファレンス(違い)はディテールにあると信じています。それっぽいもの、ありきたりな伝え方に頼らずに、ディテールにこだわり、唯一無二のメッセージが感覚的にも伝わるデザインを目指してデザインの工程を行います。
04

Application & Follow

伝え続けれるためのツール作り
ロゴやパッケージ、メインビジュアルができた後、お客さんがブランドと接触する場面がまだまだたくさんあります。あらゆる場面で作り上げた世界観とメッセージが一貫していることを保証することが認知、覚えやすさと信頼に繋がります。

一貫性を保つのに、部分的にではなく、予め全体を考えることがポイント。早い段階からメインビジュアル以外のデザイン物も話に加えることでこれを達成できます。

プロジェクト後に、デザインを扱う人が多数人の場合は、その時にイメージとズレないようにブランドDNAとスタイルを参考できるブランドブックもしくはガイドラインをプロジェクトが終わったタイミングで用意することをお勧めします。これがあればブランドメッセージをズレなく伝えられ続けられます。
problem
きっかけ
(始めるべきタイミング)
ブランディングとデザインを検討するおすすめのタイミングがあります。ビジネスの変化と共に行うともたらしたい結果が見えやすくて良いです。
  1. ・起業
  2. ・新商品開発
  3. ・拡大、展開
  4. ・問題解決に向けて
  5. ・方針変更
  6. ・サービスの変化
branding
きっかけ
(始めるべきタイミング)
ブランディングとデザインを検討するおすすめのタイミングがあります。ビジネスの変化と共に行うともたらしたい結果が見えやすくて良いです。
  1. ・起業
  2. ・新商品開発
  3. ・拡大、展開
  4. ・問題解決に向けて
  5. ・方針変更
  6. ・サービスの変化
design
きっかけ
(始めるべきタイミング)
ブランディングとデザインを検討するおすすめのタイミングがあります。ビジネスの変化と共に行うともたらしたい結果が見えやすくて良いです。
  1. ・起業
  2. ・新商品開発
  3. ・拡大、展開
  4. ・問題解決に向けて
  5. ・方針変更
  6. ・サービスの変化
brand support
きっかけ
(始めるべきタイミング)
ブランディングとデザインを検討するおすすめのタイミングがあります。ビジネスの変化と共に行うともたらしたい結果が見えやすくて良いです。
  1. ・起業
  2. ・新商品開発
  3. ・拡大、展開
  4. ・問題解決に向けて
  5. ・方針変更
  6. ・サービスの変化
The Process
ブランドの成長をサポートする
デザインプロセス
01
きっかけ&相談
始めるタイミング
ブランディングとデザインを検討する最適なタイミングがあります。ビジネスの変化と共に行えばもたらしたい結果が見えやすいです。
  1. ・起業
  2. ・新商品開発
  3. ・拡大、展開
  4. ・問題解決に向けて
  5. ・方針変更
  6. ・サービスの変化
02
ブランド構築
価値&メッセージを言語化
世の中に発信するメッセージが明確であるようにビジネスの根っこを整理し本質に合う効果的なあり方を見出し、言語化します。
  1. ・ブランドビジョン
  2. ・独自の提供価値
  3. ・ブランドキーワード
  4. ・ブランドボイス
  5. ・ターゲットペルソナ
  6. ・キャッチコピー
03
コミュニケーションツール作成
価値&メッセージを具現化
お客さんが目にし、手にする物はすべて価値を伝える機会です。その機会を最大限に活かすためのツールをデザインします。
  1. ・ロゴデザイン
  2. フォトディレクション
  3. ・パッケージデザイン
  4. ・ショップカード
  5. ・パンフレット
  6. ・サインデザインなど
04
ブランド維持ツール作成
価値&メッセージの持続化
ブランドイメージがブレずに一貫性のあるメッセージで長年伝え続けられるために必要に応じて参考資料の作成や完成後のサポートをします。
  1. ・ブランドDNAブック
  2. ・デザインコンサル
  3. ・ロゴ使用参考ガイド
  4. ・スタイル参考ガイド
learn more

現状から理想の姿に変わるための段取り

長期的成長につながる変化のためには根っこから変わる必要がある。
デザインやブランディングの力に頼る決心の奥には、抱えている課題があり、その解決に向けて変化を起こしたいからでしょう。その課題も、そして目指している将来像が現実になるようにデザインの完成まで、そしてその後もリアルな成果を出すためのプロセスを行なっています。
企業ブランディング
事業・商品ブランディング
リブランディング
VI (Visual Identity) デザイン
ロゴ・パッケージ・リーフレット・ウェブ・etc.

01

現状把握現

今」と「いつか」との距離の原因を知る
何かを提案する前に、お客様とヒアリングを行います。そこで抱えている課題についてや何を必要としているか、市場状況や顧客対象、具体的な希望や予算感などについて聞かせて頂き、理解した上でブランディングコースやデザイン物などを提案します。
コンタクトフォーム よりお問い合わせ
無料相談 【 30分〜1h 】
見積もり / プロジェクト開始
ヒアリング【 1〜2h 】

02

ブランドDNA構築

伝えるべき「中身」を抽出・定義する
特有の価値は何か、それをいかに表現すべきか、顧客対象は誰かなど、企業・事業・商品の本質が明確になり、言語化します。ワークショップ形式でディスカッションをしながらこの答えを抽出し、整理し、どの媒体でも伝え方に苦労しないDNAのベースができます。
ワークショップ 【 2〜3h x 2回 】
ミッション・ビジョン・価値観
提供価値・強みの指定
対象顧客の特定
コミュニケーション戦略(価値表現)
スローガン作り

03

ビジュアルDNA構築

伝わる」存在感 x 体験を作る
ブランドDNAをベースに、必要なデザイン物を作ります。全体の表現方法(カラー、書体、レイアウト、フォトグラフィーなど)から検討し、相応しい方向性を一緒に確かめながら、段々と具体的で本格的なデザインにたどり着く、安心できるプロセスです。全てが一貫してブランドコンセプトや価値が顧客対象に伝わりやすいことを基準とし磨いて完成まで進めます。
ブランドカラー
ブランドタイポグラフィー
写真ディレクション
ロゴ・パッケージ・リーフレット・名刺・サイン・POP・etc

04 ∞

DNAの持続化

存在感がいつまでも薄れないためのツール作り
ブランディングの一番重要な時点は完成した後で、それを扱う役割が社員やチームに渡った時です。ロゴをSNSやフライヤーなどに使用したいときや制作物を新しく作る時や、ビジョンを外部協力者に共有したいときなど、DNAが全ての関係者と物を通して伝わりますので守る必要があります。

‍年月が経っても、ブランドイメージがブレずにあるためにはブランドDNAの参考資料とデザイン作成ガイドラインを作ります。どなたが手を加えても大切なDNAが強く伝わり続けるように重要なツールです。完成後のコンサルも可能です。
ブランドDNAガイドライン
ロゴ使用ガイドライン
デザイン作成ガイドライン
ブランド・デザインコンサル 【 月何回か / 要相談 】

01 現状把握

02 ブランドDNA構築

03 ビジュアルDNA構築

DNAの持続化

● ロゴのみやフライヤーのみなど、単体で依頼できますか?

● アフターサポート

● デザインのアイディアや箇所はすでにできている物がありますが、残りのデザインをお任せできますか?

あなたのブランドも
未来を変えたブランド
の一つへご相談から
始めましょう。

Why Branding
& Design?

人とつなげる意図的なデザイン
見た目だけが重視されたデザインは目を引きますが効果は短期的。本質に基づいた機能性のあるデザインは長い付き合いを可能にします。
ズレない強いメッセージで基盤をしっかり
ズレない伝え方なので、お客さんに一貫性のあるトータルブランド体験を提供できます。信頼が強くなり、選びやすくなります。
ビジョンへの設計図
ブランディングにはブランドの設計図のような役割があります。背景から将来像まで明確になって、それを繋ぐ「今」での判断が分かりやすくなります。プロジェクトが終わった後も方向を確かめたい時やビジョンを共有したい時などに役に立ちます。
誰が何でこの商品やサービスを買う
べきかを分かりやすくする
選択肢が溢れている世の中にサービスや商品を選ぶ理由が分かりやすくなければ質が良くても他のものが選ばれてしまいます。ブランド戦略を通して選ばれやすい表現の仕方が明確になります。

Connecting
Passion &
People

ビジョンと人をつなげる
ビジョンとお客様が繋がるようにそれぞれを深く理解し経営者と共に課題に向き合います

Converting
Customers
Into Fans

ビジネスのお客様からブランドのファンに変える
ビジョンや世界観に共感し長年選び続けるファンを作ることを目的としたプロセス

Pushing
Culture
Forward

文化の前進と共に
より幸せな世の中が実現できるように文化と人の生き方を良く影響するブランドづくりを心がけています